クレアチニンなどで体環境を整える【食生活改善で健康体へ】

笑顔の男性

血液を流れやすくするため

両手を挙げる男性

細胞への栄養分の供給のために体が無理に血液を流すと、高血圧になりますし、それにより血管破裂のリスクが高まります。これを防ぐためには、血液を流れやすくする事が大事なのですが、そのために飲まれているのが、DHAやEPAのサプリメントです。また、カリウムやサポニンのサプリメントも高血圧の予防に有効です。

眠れない、起きられない

眠れない

セロトニン不足は心身ともに大きな影響があります。食生活や生活習慣の見直しで改善は可能です。また、その手助けとしてサプリメントなどを上手に利用することも安定した精神状態を保つ上では有効な方法になります。

腎臓の健康について

体の老廃物が溜まることでクレアチニンの数値は高くなってしまいます。腎臓病のリスクを下げるためにも、サプリを利用しましょう。

尿酸値にも気を配ります

両手を挙げる女性

クレアチニンは、腎臓機能をチェックするための指標として用いられています。クレアチニンが正常値を上回った場合には、腎機能に何らかの異常が生じている可能性があるのです。クレアチニンは、尿酸値とも深く関係しています。この値はクレアチニンの値が上がると、同時に上昇することが多いのです。尿酸値が下がると、クレアチニンも同時に下がるケースがあるため、この値からコントロールを試みることも一つのアプローチとなります。 尿酸の値は、食生活からコントロールしていける可能性があります。ですので、いきなりクレアチニンを下げることを試みるよりも、アプローチがしやすいと考えられるのです。プリン体の多い食品を控えるなどの工夫をすることで、数値が下がる可能性があります。

食事の改善が求められます

腎臓や肝臓は、普段の食生活の影響を如実に現す臓器です。従って、昨今増えている腎機能や肝機能の異常の多くは、日頃の食生活から引き起こされているとも考えられます。クレアチニンが高値を示した場合には腎機能がかなり落ちている可能性がありますが、このような異常も元をただせば食事の内容に原因があると捉えられるわけです。 実際、高タンパク質、高塩分の食事は腎臓の機能にかなりの負担をかけます。カロリーの高い食事や魚や肉中心の食事は、糖尿病はもちろんのこと腎臓の病気も引き起こしてしまうのです。今後は、このような事実を踏まえて食生活の改善が叫ばれると予想されます。外食やインスタント食品などを控える食生活が必要になると考えられるのです。

体内を守る方法の一つ

薬

特定の食物にも多く含まれるオメガ3は熱処理と言った形で取り方を間違えると意味が無く、その為に最適な物としてサプリ等があるのでそれらも利用すべきです。これらは脳細胞を始めとして体の改善に効果的ですが過度の信頼はやらない方が良く、不摂生をしているならばそれらを減らす努力も必要となって来ます。